電動アシスト自転車

おすすめ人気電動アシスト自転車の初心者購入ガイド

国内最軽量のオシャレな雨よけカバー「dryve」を選ぶ5つの理由


dryve1

雨の日にも快適に電動アシスト自転車がのれるスイス生まれの雨よけカバー「dryve」が国内で購入出来るようになりました。

とにかく軽いのと、見た目のオシャレなデザインがポイントです。

 

カッパやポンチョを利用しているママもいかがでしょう?


 

タグ : 

電動アシスト自転車の情報

自転車保険入ってる?初めてでも入りやすいおススメ保険6選


pedal-cycle-insurance2

去年から特に多くなってきた自転車の事故。あなたは保険に入ってますか?

 

もし事故してしまって相手が死亡してしまった場合、賠償金は1億円いってしまう場合もあります。

2013年の神戸の事故では小学校5年生の子供が高齢者にぶつかって意識が戻らない状態で、9500万円の賠償金が神戸地裁によって判決が下されました。

 

そんな時に保険に入っていなかったらどうなるでしょう?。

いつでも加害者になる可能性があるのが自転車ですので保険は今は必須となっています。

 

去年の自転車の事故は警視庁調べで214件、今年は9月までで185件ととにかく増えています。

 

この記事では初めての人での入りやすいおすすめの自転車保険をご紹介します。


 

タグ : 

電動アシスト自転車の情報

買い替えで不要な電動アシスト自転車を売れるサービス始まりました


yahoo_buy

電動アシスト自転車を購入する際、2台目の方や不要になった自転車を売れるサービスをyahooが始めました。「Yahoo!買取」は無料で出張査定してくれるので要らないものは買取してくれるサービスです。

 

電動アシスト自転車のバッテリーのみ等にも対応しているので、邪魔になっている自転車があったらいかがでしょう。


 

タグ :   

電動アシスト自転車の情報

子供乗せ電動アシスト自転車と一緒に購入!便利なオプショングッズ


child-option

child-option

 

お子様の快適さを守れるオプショングッズ

 

子供乗せ電動アシスト自転車を購入する場合、子供のヘルメットを用意するのは必須ですが、その他にも用意しておいた方が良いオプション品があります。

 

そこで、合わせて購入すると便利なオプション品を紹介します。

 


 

タグ :    

電動アシスト自転車の情報

電動アシスト自転車の保険の選び方


e-bicyckle-hoken

自転車保険に入った方がいいの?という方は是非読んで見てください。

 

自転車は免許もなく気軽に乗ることができますが、時速20km程度は楽に出せる”軽車両”です。

そのスピードで衝突すれば、当然相手や自分がケガを負うことになり、場合によってはかなりの重症になることもあります。

 

その場合、多額の賠償金を支払わなければならないケースに発展することもあるのです。

そこで、このような事故に備えて加入する自転車保険の選び方を紹介します。

 


 

タグ :  

電動アシスト自転車の情報

1 2 3 13