広告

電動アシスト自転車は漕がなくても走れる?バッテリーが切れたら・・・

更新日:

初めて電動アシスト自転車を購入しようと考えている人の多くが思う事。

それが表題の「電力アシスト自転車は漕がなくても走れる?」という疑問です。

電動アシスト自転車も自転車と一緒です

『電力アシスト自転車』は漕がなくては走れません。あくまで自力でこぎますが、その力をアシストしてくれるという事なんです。

漕がなくても走るのは『電動自転車』と呼ばれる乗り物になります。

電力自転車の詳細はこちら。

 

電動アシスト自転車のパワー

アシストしてくれるので普通の自転車と比べて1/3〜1/2の力で走る事が出来ます。

電動アシスト自転車がカバーしてくれるのは最大で2倍です。

モーターが2倍の力でアシストしてくれるので、通常の自転車の半分の脚力でスイスイ進めます。

試乗してみるとわかりますが、坂道などではかなり楽に感じると思います。

当サイトでは、口コミ記事もアップしているので参考にしてみてください。

特に長距離だと通常の自転車との差は歴然です。

電動アシスト自転車は時速10kmまでは、全力でのアシストが適用され認められています。走り始めたときに強いアシスト力が発揮出来ます。

ちなみに電動アシスト自転車は、充電が切れてアシストが無い場合でも滑らかに走行出来るように設計されています。

 

バッテリーが切れたらどうするの?

また、バッテリーが切れたり充電が切れた場合でも、普通の自転車として乗る事が出来ます。

ただし、バッテリーが載っているぶん、かなり重い自転車となりますので引いて歩いたりは結構な重量どうです。

こまめに充電をすることをお勧めします。

軽量化が進む電動アシスト自転車

ここ最近の電動アシスト自転車はかなり性能が良くなり走行距離も一昔前よりだいぶ長くなりました。

結構昔の電動アシスト自転車は鉄フレ-ムでしたので、重量も30kg程度だったので重いなぁという感じでした。

現在は技術も進みアルムフレームを使って20kg前後の重量になっていたりと軽量化が進んでいます。

さらにこの頃の昔のモデルと現在のモデルでは明らかな違いが有り、バッテリー切れになってしまった時の状態も改善されていますので今の電動アシスト自転車は、アシスト無しでも通常の自転車と同じぐらいの感覚で乗る事が出来ます。

どのぐらいの感覚なのか購入時は一度アシスト無しでの走行を試すのをお勧めします。

そのあとにアシスト機能を入れて走るとその性能に驚かれると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一度乗ると普通の自転車が重く感じるという口コミが多いぐらい、電動アシスト自転車のパワーは乗った人しかわかりません。

是非一度近くの販売店などで試乗してみてください。

 

広告
広告

あなたにオススメの記事一覧

-初心者用Q&A
-,

Copyright© おすすめ人気電動アシスト自転車の初心者購入ガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.