PAS Babby un2017は買いか?2016モデルと徹底比較

広告

相変わらず生産2~3ヶ月待ちが続いているヤマハで売れまくっているPAS Babbyシリーズ。

2017年モデル「PAS Babby un(パス バビー アン)」が発表されましたので、こちらを購入しようと思っている人も多いのではないでしょうか?

2016モデルとどこが変わったのか?見てみましょう。

PAS Babby un2017年モデル

pas-babby-un

引用:ヤマハ公式

2016年モデルのPAS Babbyシリーズ「PAS Babby」と「PAS Babby XL」が「PAS Babby un(パス バビー アン)」として統一されました。

リヤチャイルドシート標準装備モデルで、2017年1月27日に販売されます。(一部カラーは3月30日発売予定)

もちろんフロントにチャイルドシートを装着するのも可能ですので、「PAS Babby XL」の2017年モデルという位置づけでしょう。

2016年モデルから商品企画初期段階からすべて見直して開発したとの事で性能からアップしました。

 

ヤマハから動画もアップされています。

2016モデルとどこが変わったのか?

調べてみると大きく変わっています。

「PAS Babby XL」と比較してみます。

仕様

PAS Babby XL PAS Babby un
全長 1,770mm 1,720mm
全幅 580mm
サドル高  725~870mm  730~865mm
タイヤサイズ  前後:20×2.125 HE
  適応身長  142cm以上(145cm以上) 142cm以上(146cm以上)
  重量   33.4kg  30.7kg
 バッテリー容量 12.8Ah 12.3Ah
走行距離    47km 40km
 標準  56km 50km
オートエコ 63km 58km

2.7kg軽量化されたのは嬉しいポイントです。

全長もコンパクトになったので、小柄なママでも更に扱いやすくなりました。

pas-babby-un2

引用:ヤマハ公式

 

バッテリー・アシストレベル

pas-babby-un5

引用:ヤマハ公式

新開発のリチウムイオンバッテリーを採用されています。

既存の8.7Ahバッテリーの大きさで、容量は12.3Ahになっています。

そして、2016年モデルは6段階評価中でレベル4でしたが、アシスト設定の見直しされ、「PAS」シリーズアシストレベル最高になりました。(レベル6)

子供を乗せるとアシストパワーはかなり重要です。2016モデルより、よりパワフルで快適なアシストがされる様になりました。

 

新開発の液晶5ファンクションメーター

pas-babby-un3
引用:ヤマハ公式

 

デザインも新しくなり、液晶も見やすくなりました。

2016から新たに追加された機能としては、ボタンの押し間違いや子供のいたずらなどのボタン誤操作によるアシスト機能オフを防ぐ電源ロック機能です。(3秒間長押しすると電源のみロック)

地味ながらあると嬉しい機能です。

また、走行中ボタン切り替えなしで、バッテリー残量・時計表示が常に表示されるようになりました。

 

らくらく幅広かるっこスタンド

pas-babby-un4

引用:ヤマハ公式

pas-babby-un6

引用:ヤマハ公式

駐車場やスーパー等頻繁にスタンドを利用しますが、軽い力で操作できる「らくらく幅広かるっこスタンド」を採用。

簡単にスタンドを立てる事が出来ます。(2016はらくらく幅広スタンド)

さらにスタンドをかけるとハンドルロックがかかるスタンド連動式ハンドルストッパーが搭載。

子供が乗っている時や荷物が載っている時にスタンドを掛けたりする時のふらつきからの転倒を防げたりと、安全性も高くなっています。

 

大型ポリカバスケット

pas-babby-un7

引用:ヤマハ公式

バスケットは2016年のバスケットから、大型ポリカバスケットに変更になりました。

容量が25から18ℓになったので小さくなりますがデザインがゴツカワイイPasBaddyに合っています。

 

カラーバリエーション

pas-babby-un8

引用:ヤマハ公式

PAS Babby unはカラーリングも豊富なのも特徴ですが、大きく変わりました。

PAS Babby XLは全5カラーでしたが、全8色で展開されています。

  • パウダーブルー
  • パウダーベージュ
  • パウダーピンク
  • マットブラック2
  • ビビッドレッド
  • マットホワイト
  • ダークメタリックブルー
  • ダークメタリックレッド

ツートンカラーの「ダークメタリックブルー」と、「ダークメタリックレッド」は2017年3月31日発売予定です。

マットがかなり売れているカラーです。男性からも人気があります。ツートンも他のモデルにはないのでかなり人気が出そうで可愛いカラーリングです。

 

まとめ

全体で見ると『PAS Babby un』はかなりの変更点があり、『PAS Babby』を狙っている人には2017モデルはかなりおすすめです。

PAS Babb2016モデルはかなり売れすぎていて2016年ヤマハの電動アシスト自転車の中でも大人気でしたので、2.3ヶ月待ちの状態が続いています。

さらにバージョンアップされている『PAS Babby un』も早めに在庫確認して予約・購入したほうが安全でしょう。

 

PAS Babby un 最安値情報

引用:ヤマハ公式

「PAS Babby un」のメーカー希望価格は133,920円(税込)です。

 

購入する場合には、ハヤサカサイクル楽天市場店がおすすめです。

送料無料で118,500円 (税込)とかなり安い値段で購入できます。

 

 

リアチャイルドシートが標準装備のモデルはこちらです。

送料無料で128,000円 (税込)です。

 

その他で購入する場合にはこちら

posted with カエレバ

 

またどのモデルを購入しようか迷っている場合は、実際の電動アシスト自転車ショップオーナーに聞いた2017年おすすめの子供乗せ電動アシスト自転車ランキングも参考にしてみてください。

 

広告
広告

2017年最安値で購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana