広告

【完全版】販売会社が教えるbikkeシリーズを純正でカスタムするポイント

更新日:

 

ブリジストンの電動アシスト自転車の中でも、豊富すぎるオプションで人気を博しているbikkeシリーズ。

オプションが豊富すぎて随分悩んでしまうユーザーさんも多いようです。

その理由としてよく言われているのが、「他のママとは違うコーディネートにしたい…、でも好きなカラーはもうみんなが使ってる。。。」といった、オリジナリティを目指すことによる悩みです。

実際に、bikke2eを何百台と売っている会社では、ユーザーからオリジナリティを出すための相談が多く寄せられるそうです。

これほどの相談がある子供乗せ電動アシスト自転車は他に無いと試行錯誤しているとのこと。

なんでもこのオプションの組み合わせは30万通り以上あります。

この記事では、実際の販売会社へリサーチしたbikkeシリーズのカラーやオプションパーツに関しての悩みや工夫をご紹介します。

 

ユーザーから質問されるbikke購入前の相談

そもそもbikkeの車体カラーの人気カラーは?

bikke2e-2016-8

2016年モデルのbikke2eは限定カラーを含めると全6色。

販売店に聞いてみた人気カラーランキングはこちらで確認出来ます。

 

割合はというとこんな感じです。

1位:ブルーグレー(31%)
2位:ダークグレー(27%)
3位:ホワイト(20%)
4位:レッド(11%)
5位:マットカーキ(9%)
6位:エッグシェルベージュ(2%)

 

チャイルドシートクッションは、必要?

bikkeのオプションパーツの中でも、全体のカラーコーディネートの大きなアクセントとなるのがチャイルドシートクッションです。

展開されているカラーだけでもこのバリエーションがあります。

 フロントチャイルドシートクッション

bikke2e-front

リヤチャイルドシートクッション

bikke2e-rea

 

結論から言えば、チャイルドシートクッションは必須です。

bikkeに使われているチャイルドシートは、ハイディ2と同じデザインで、ハンサムチャイルドシートという製品です。

これは、全体が固いプラスチックのような状態で、そのまま座るには快適とほど遠い設計ですので、クッションありきのものなのです。

販売会社へのリサーチによると、チャイルドシートクッションはシンプルなカラーのものほど人気が高いそうです。

特に、bikkeのロゴにもなっているモブ(クマのマーク)が描かれているモブ(ブラウン)とモブ(ダークグレー)の販売数が圧倒的です。

ブルーグレーもモブのマークが入っているものの後追いで発売されたこともあり、まだ販売数は大きく伸びていません。

特に、後ほど紹介するサドルカバーに関しては、モブ(ダークグレー)とブルーグレーがラインナップされておらず、全体を同カラーでコーディネートするユーザーたちにとっては、クッションとサドルカバーをモブ(ブラウン)で揃える割合が増えてきています。

一方、ドットやボーダーのカラフルなカラーについては、一律コンスタントに売れているものの、ブラウンやダークグレーに比べると人気は低めです。

前後にチャイルドシートを付けるユーザーの場合、ほとんどの方は前後同カラーにするそうですが、前はドットブルー、後ろはボーダーピンクのように、全く違うカラーを選択する方も中にはいます。

恐らく、2人のお子様に好きなカラーをそれぞれ選んでもらった結果がそうなったのではないでしょうか。

bikke-matome1

画像引用:http://bikke-bikke.jp/#/simulator

 

ブリヂストンのbikke特集サイトもあります。

オプションパーツのカラーコーディネートを疑似的に作れるシミュレーターがあるので、親子で一緒に選ぶのもbikkeの楽しみのひとつです。

 

サドルカバーとグリップは、売れてるんですか?

 

シンプルですが、よくある質問です。みんなが買ってるか買ってないかが気になるようです。

必要性はあまり無いけど周りの人とコーディネートの差を付けたいという方が質問されるそうです。

実際の販売店では、bikke2eの購入者の2割ほどが購入されるとのこと。
一番の目的は自転車のスタイリングを好みのものにしたいという理由。

もちろん、メーカーとしてもカラーコーディネートの素材として打ち出しているオプションパーツになります。

サドルもグリップも経年劣化や汚れが付いてしまうところを考慮すれば、サドルカバーでサドル本体の雨や直射日光による劣化を抑え、グリップは元々付いていたものを予備に保管しておき、気に入ったカラーを付けられるので、何年も乗り続けたいという方にとっては買って損はないものだと思います。

 

チャイルドシートの色を変えたい!

 

30万通り以上とも言われるbikkeのオプション組み合わせですが、やはり人気カラーがありみんなとかぶってしまいます。

次の手段としてチャイルドシートを車体カラーと違うものにできないかという相談が多いそうです。

これぞbikkeにとって一番悩みどころの要望です。

bikke2eはメーカーからもともと自転車本体カラーと同色のリヤチャイルドシートかリヤバスケットの付いているパッケージとして発売されているためです。

リヤチャイルドシートが付いているもののカラー変更は、チャイルドシートを新たに追加で購入し、元々ついているものの取外し工賃、別カラーのものの取付工賃がかかるうえ、外したチャイルドシートが不要になるという結末になります。

リヤバスケット付きのものはチャイルドシートを別途購入し、バスケットの取外し工賃、チャイルドシートの取付工賃をかけて付け替えをし、バスケットが不要になってしまうという上記同様の結末になります。

いずれにしてもお金がかかってしまうことで諦める方も多いのではないでしょうか。

ブリヂストンのサイトのカラーコーディネートシミュレーターでは車体と違うカラーのチャイルドシートをセレクトできるため、それで気に入った人にとっては悔しいところです。

特に、このようなカラーセレクトで検討しているユーザーが多いようです。

  • ブルーグレーの車体+ダークグレーのチャイルドシート
  • ホワイトの車体+ダークグレーのチャイルドシート

これをパッケージとして比較的安く売っているショップは、ハヤサカサイクル楽天市場店です。

サドルカバーもおまけで付いてきます。

本体・チャイルドシート色違いビッケツーe
 
前子乗せ&後バスケット付bikke2e

 

適合するチャイルドシートカバーありませんか?

 

こんなに純正オプションが充実したbikkeシリーズでも、このチャイルドシートカバーは長い間存在しませんでした。

[OGKのハレーロシリーズラキアのカバーなど、なんとか適合するものはありました。

ですが確実に適合するかどうかの情報量が少なく、純正ではないことでユーザーからの問い合わせが相次いでいたそうです。

それが2016年半ばになり、突如bikke純正のチャイルドシートカバー、その名も「チャイルドシートルーム」が発売されました。

bikkeやハイディ2、またその他ブリヂストンのRCS-LD4、RCS-S1にも適合し、ブリヂストンのすべてのリヤチャイルドシートに完全適合のカバーです。

カバー本体には形状記憶の固い板が入っているため、広い空間が維持でき、bikkeに使われているヘッドレストの低いハンサムチャイルドシートでも、子供の頭部がカバーに当たることの無い広々空間を実現した高性能カバーです。

開発者は、「機能性・安全性で瑕疵のない完璧なものでなければ、メーカーから純正品として販売するわけにはいかないので、開発に数年かかってしまいました。」と、今回のチャイルドシートルームに費やした苦労を明かしています。

販売店によると、これが販売されてからはこれまでの社外品への相談が減り、一気に純正のチャイルドシートルームへユーザーがシフトしているそうです。

値段は高めではあるものの、メーカー純正品の安心感があります。

 

ブリヂストン純正 チャイルドシートルームの詳細

 

その他のオプション

bikke2eではこのほかにもこれらのオプション用品があります。

キッズヘルメット

 

子供にヘルメットを被せずに走行するととても危険です。転倒したことで死亡事故も発生しており、ヘルメットの装着は必須です。

bikkeのチャイルドシートクッションとほぼ同カラー展開のヘルメットがあるので、ここでもコーディネートに悩みそうです。

 

bikke(ビッケ)ヘルメットCHBH4652 46-52cmアジャスター付き

 

bikkeフロントバスケットカバー

 

bikke2eのフロントバスケットは、底面を含む全体の網目が広く、小さいものだとすぐ落下してしまいます。

これを解決するのがbikkeフロントバスケットカバーです。

bikkeのモブ(クマのマーク)が付いていてかわいらしく、大きさも2段式に調整可能な実用モデルです。

「おしゃれな自転車に買い物袋を露出した状態で乗せたくない」という方にも、とても便利でスマートなオプションです。

 

bikke用純正フロントバスケットカバーFBC-BIK

 

bikkeサイクルカバー


屋内保管ではない場合に、雨風から自転車の劣化を防ぐサイクルカバーも、bikke専用として用意されています。

bikke2eの場合、チャイルドシートを付けたり外したり、カゴを付けたりと、自転車の全体サイズが変わり易いため、そのすべてにベストサイズで対応できるサイクルカバーは必須です。

チャック式でサイクルカバー自体のサイズ調整ができるので、bikke2eユーザーにはとっても重宝します。

 

bikke用純正サイクルカバーCV-BIK

 

最後に

今後の予測では、bikke GRIとbikke2eが並行して販売される見込みです。

 

bikke GRIに展開されていないブルーグレーが、bikke2eで引き続き人気が続くのではないでしょうか?

今回記事作成にご協力いただいたハヤサカサイクル楽天市場店様では、前後チャイルドシート付きモデルが発売されています。

2人以上のお子様がいる方にはこちらのモデルがおすすめです。

 

後子乗せクッションプレゼントがついて、東北、関東は送料無料です。
前後チャイルドシート付bikke2eの詳細

 

また、ハヤサカサイクル楽天市場店様では、現在売れているbikkeGRIも国内で1番売れているショップです。(楽天ランキングでも1位です)

 

送料無料ですので、チェックしてみましょう。

bikke GRI 2016年モデルをハヤサカサイクル楽天市場店で見てみる

 

 

広告
広告

あなたにオススメの記事一覧

-ブリヂストン購入編
-,

Copyright© おすすめ人気電動アシスト自転車の初心者購入ガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.