電動アシスト自転車の「アシストモード」って何?

広告

電動アシスト自転車では、自分の最適なアシストモードを選ぶことができます。

「アシストモード」とはなんでしょう?そんな疑問を解決します。

電動アシスト自転車のアシストモードとは?

アシストとはまず、ペダルを踏み込む力を検出すると時速24km/h以下の場合、踏む力と自転車のスピードに準じてアシスト機能が働きます。

現行モデルのアシストモードはほとんどが3モード制御になっています。

3モード制御とは、3段階によるアシスト力の違いです。これらはスイッチ一つで切り替えることができます。

また、この3モード制御はメーカーによって呼び方は異なります。(ヤマハとブリヂストンはoemの関係にあるので表記は同じです)

ブリヂストン ヤマハ パナソニック
強モード
強モード
パワーモード
標準モード
標準モード
オートマチックモード
オートエコモードプラス オートエコモードプラス ロングモード

 

パワーモード(強モード)

パワーモード(強モード)とは、常に電動アシストを機能を強く利用するモードの事です。

力強いアシスト機能が発揮出来ますが、電力に負荷がかかりバッテリーの減りが早くなります。

急な坂道など、アシストを強くしたい場合にはこちらに切り替えます。

 

オートマチックモード(標準モード)

オートマチックモード(標準モード)とは、自動的に電動アシスト機能制御してくれるモードの事です。

負荷かかる発進や上り坂の場合は、重さを感じてパワーが必要な時に最大になり、負荷の小さな時は最小の節約モードに自動的になります。

 

ロングモード(エコモードプラス)

バッテリーの消費を最も抑えながら走れるモードです。

アシスト力は一番弱いですが、走行距離を伸ばします。

 

まとめ

アシストモードは、いわば電動アシスト自転車の肝になる機能です。

基本的には普通に乗るぶんには標準モードで問題ありません。

 

 

広告
広告

2017年最安値で購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です