バッテリー,寿命,充電回数

おすすめ人気電動アシスト自転車の初心者購入ガイド

2017年モデル 子供乗せ電動アシスト自転車おすすめランキング

楽天のランキング市場、アマゾンの売れ筋ランキング、当サイトの口コミから判断しています。  
 
ハイディツー

2017年モデルはバッテリーが12.3AHに大幅バージョンアップ!カスタムも豊富です

2017年モデルはバッテリー容量が大幅にアップされ、走行距離も増えました。毎年売れ続けているブリヂストンの超人気モデルです。
PAS Babby un

2016年最も売れたPAS Babbyが2017年モデルは「un」になって登場!

2017年モデルは軽量化されました。ゴツくて可愛い今風のデザインが人気の子供乗せで、リヤチャイルドシート標準搭載モデルが人気です。
ギュットアニーズDX

お洒落な子供乗せのギュットアニーズ2017年モデルは、DXとEXの2種類が登場!

新チャイルドシート、新バスケット・新スタンド採用の2017年モデルは20型が人気!バッテリーは16.0Ahに大幅に容量アップ。
 

安く購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana

バッテリーの寿命や充電回数について


バッテリーは消耗品ですので寿命が有りますし、劣化していくものです。

バッテリーがどれくらいもつのか?耐久性も気になるという人は多いのではないでしょうか?

 

使い方次第でバッテリーは長く持ちますので今回は良い寿命や耐久性について書いてみます。

スポンサードリンク

 

バッテリーの寿命

走行中にアシストの強モードや急な坂道を上ったりすると、その分消費電力がかかり、バッテリーのもちが短くなります。

 

その分平坦な道を同じモードで走行していればバッテリーの寿命は長くなります。

冬期は低気温や風などの影響で走行距離が2~4割短くなります。

 

その他、寿命を短くしてしまう原因として考えられるのは、長時間放置していたり使用頻度が少ない場合です。

 

普通に使っていれば問題ないですが3ヶ月放置だと、確実に寿命が短くなります。

 

 

2009年、2010年頃までは大手メーカーの充電回数はおおよそ、300~400回。

 

現在は各大手メーカーは従来のモデルと比べて、約2倍の長寿命バッテリーをウリにしています。

最近はバッテリーの性能がよくなり、容量も大きくなっています。

 

今まで以上に充電できる商品も続々と新商品を発表していて種類も充実していますので対応モデルを選んでしまえばどれを購入しても大丈夫でしょう。

 

現在では大体どの大手メーカーのバッテリーでも約700~900回の繰り返し充電が可能とされています。ブリヂストンは【長生きバッテリー】という商品で、700-900回充電できるタイプを搭載しています。

 

売れ筋はこのタイプです。

 

 

パナソニックも同様に【約2倍長寿命バッテリー】というバッテリーを出していて、各社700-900回の充電回数を可能にしています。

リチウムイオン バッテリー NKY451B02

 

 

最近リフレッシュ充電をしてもバッテリーの減り方が早いと感じたときはバッテリーの交換時期の可能性が高いです。

消耗品だと割り切って長く電動アシスト自転車に乗り続けましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

タグ :  

初心者用Q&A

この記事に関連する記事一覧

■電動アシスト自転車を安く購入!

電動アシスト自転車を購入するなら楽天カードがおすすめです。
入会するだけで1000円、一度の使用だけで5000円分のポイントが貰えます。
 
年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」