子供の為に購入したヤマハのPAS Kissの購入者の感想

広告

ヤマハの『PAS Kiss(パスキッス)』はスーパーエンジェルシート標準装備の26型モデルの電動アシスト自転車です。

バッテリー容量は8.7ahと街乗りや子供乗せとしては十分な機能があります。

 

PAS Kiss(パスキッス)を買おうか迷ってる方は、2015年モデルを実際に購入した方の感想を参考にしてみましょう。

 

 

 

購入したきっかけ

私はヤマハのPAS Kiss(パスキッス)という電動アシスト自転車を今年購入しました。

 

購入したきっかけは、私にはもうすぐ2歳になる娘がいるのですが、車の運転が苦手な私は、出掛ける手段としては基本的に徒歩。歩いて行ける距離にあるスーパーか、いつも同じ公園くらいでした。

 

娘が歩けない間はもっぱら抱っこひもで娘を抱いて出かけ、歩けるようになってからは一緒に歩くのですが、すぐに歩かなくなってしまう為ベビーカーを押して出かけていました。

しかし娘を抱っこして両手に買い物の荷物を持って歩くのは大変で、足元も見えにくいのでつまずきそうになったこともあったので1度にたくさんの買い物をするのはやめました。

 

またベビーカーを使うとあまり大きくないスーパーでは邪魔になってしまいます。

 

そんな苦労をママ友と話していると「もうすぐ2歳なら自転車の後ろに乗せられるよ。電動アシスト付きならすごく楽だから検討してみれば?」と言われたのがきっかけです。

その友達も電動アシスト自転車を購入したということだったので、1度乗らせてもらったところとてもよかったので電動アシスト自転車購入に向けていろいろ調べるようになりました。

 

 

 

PAS Kissの購入を決めた理由

ヤマハのPAS Kiss(パスキッス)を購入した理由は店頭で試乗させてもらったときに、坂道でもしっかりアシストしてくれてとても楽だった事。

そして自転車だけが勝手に進んでしまって怖いということもなく乗り心地が安定していたのが1番の理由です。

 

また娘を乗せることを前提に自転車を探していたので、チャイルドシートのクッションがやわらかいことやベルトが5点でしっかり固定できること、背もたれがリクライニングするため、もし娘が寝てしまっても前のめりになりにくい設計がされていること も、購入に至った理由の1つです。

 

 

 

PAS Kiss購入後の感想

購入後は少し遠い公園に遊びに行ったり、児童館などのイベントに参加しに行ったりと今まで諦めていた場所へのお出かけもしやすくなり、出掛ける距離だけでなく頻度も増えました。

そして特売の日に買い物をしすぎても持って帰るのが楽になりました(笑)。

 

娘も自転車でのお出かけを喜んでくれています。

また2時間ほどの充電でかなりの距離を楽に走ることができるので、すぐ近くでも車で出かけていた主人が自転車を使うようになってくれて、ガソリン代の節約にもなっています。

 

子どもが乗らなくなった時も、普通の自転車と同じ26インチのタイヤ(前輪は少し小さいですが)なのでチャイルドシートと取り外して、長く使えそうだなと思っています。

 

 

 

PAS Kiss2016モデル 最安値情報

paskiss1

スーパーエンジェルシート標準装備の2016年モデルの「PAS Kiss」

メーカー希望価格は143,640円(税抜)です。

 

購入する場合には、ジテンシャデポがおすすめです。

3年間盗難保証付きで、税込み118,000円で最安値価格で購入できます。

 

ジテンシャデポでPaskiss2016年モデルを見る

 

 

その他で購入する場合にはこちら

posted with カエレバ

 

 

 

 

 

広告
広告

2017年最安値で購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana