パナソニック「ジェッター」と「ハリヤ」の機能・スペックを比較!

広告

ジェッターとハリヤの違いは分かりますか?

 

スポーツタイプの電動アシスト自転車の購入を考えた場合、パナソニックの「ジェッター」と「ハリヤ」の2台は候補に挙がるでしょう。

それでは、ジェッターとハリヤの違いはどのようなものなのか?ジェッターとハリヤの機能などを比較してみました。

 

 

ジェッターとハリヤの比較

babycarriage-easy-operate

スペック比較

どちらもスポーツタイプに位置づけられているモデルですが、まずは基本的なスペックや価格を比較してみましょう。

 

ジェッター
jetter
引用元:公式サイトより
  • 重量:20.5kgまたは21.0kg
  • タイヤサイズ:700C×32C
  • 変速方式:外装10段
  • バッテリー容量:3.2Ah
  • メーカー価格:166,000円(税抜)

 

ハリヤ
hariya
引用元:公式サイトより
  • 重量:21.0㎏
  • タイヤサイズ:26インチ
  • 変速方式:外装7段
  • バッテリー容量:8.9Ah
  • メーカー価格:123,000円(税抜)

 

ジェッターのタイヤサイズは700C(直径70㎝)であり、ハリヤの26インチ(66㎝)と比較すると、4㎝ほど大きくなっています。そのためタイヤ径の大きいジェッターの方がスピードを維持するのが楽で、小さいハリヤの方が漕ぎ出しが軽いと言えます。

 

バッテリー容量はジェッターの方が大きいため、走行距離はジェッターの方が長くなりますので通勤通学で利用する方やバッテリーの充電が面倒という方は大容量モデルのジェッターの方が良いでしょう。

 

機能面の比較

停止して10分たつと電源が切れるオートOFFシステムや、端子カバーなどはジェッター、ハリヤともに搭載されています。しかし、一部の機能ではモデルによって違いがあります。

 

最も大きな違いはアシスト周りの機能でまず1点目は走行速度などの表示画面です。

 

ジェッターでは詳細な液晶画面を採用しており、切替を行わなくとも電池残量や走行速度を表示できます。ハリヤは他の電動アシスト自転車と同様、切替によって電池残量や走行速度などを表示する簡易画面です。

 

 

ジェッターの液晶画面

jettermeter

 

そして、もう1点はエコナビです。

 

パナソニックの電動アシスト自転車でのエコナビは走行状態をセンサーで感知することによって省エネ走行が行えます。
この機能はジェッターにはなく、ハリヤのみに搭載されています。

 

 

 

商品情報

ジェッター

バッテリー容量:13.2Ah メーカー価格:166,000円

 

パナソニック ジェッターの詳細

 

 

ハリヤ

バッテリー容量:8.9Ah メーカー価格:123,000円
パナソニック ハリヤの詳細

 

 

 

 

まとめ

ジェッターとハリヤを比較してみましたが、いかがでしょうか。

 

同じスポーツタイプでも何を重視するかによって、選ぶモデルは変わってくると思います。

価格差もありますので、どの機能が必要かをしっかり比較しましょう。

 

 

広告
広告

2017年最安値で購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana