子供乗せ電動アシスト自転車の前乗せと後ろ乗せの疑問まとめ|年齢・体重・身長

広告

電動アシスト自転車は、子育て中のママさんにとって強い味方です。

子供乗せ電動アシスト自転車を購入しようとしたとき迷うのは、うちの子は一体前、後ろどちらに乗せたらいいの?ということ。

前乗せ、後ろ乗せの疑問で多い年齢や体重身長制限、メリットデメリットについてまとめてみました。

前乗せと後ろ乗せ|子供を乗せられる年齢は?

チャイルドシートは、1歳からご利用可能です。
なお、フロントチャイルドシートは4歳未満、リヤチャイルドシートは6歳未満までご利用になれます。

前乗せの基準の年齢

前乗せは1歳頃~が基準となり、4歳未満まで利用できます。

腰や首がしっかり座っていないと自転車に乗るのは難しいため、1歳未満はやめましょう。

子供の体格にもよりますが、2歳~3歳頃に後ろ乗せに移行した方が安定するでしょう。

後ろ乗せの基準の年齢

後ろ乗せはのリアチャイルドシートは2歳~6歳未満が基準です。

運転中に子供の様子を見ることができないため、ある程度こちらの言うことを守れるようになったらというのが目安になります。

2歳に近い年齢で初めて子供乗せ自転車を購入する場合は、後ろ乗せの試乗をしてみてから購入するモデルを決めると良いでしょう。

小さい年齢の子供を乗せる場合は、長い距離を運転している間に寝てしまうケースもあります。

そのため、ヘッドガードや5点式シートベルトなどが採用されたチャイルドシートを使用すると安心です。

なお、前と後ろ両方に子供を乗せる場合は、幼児2人同乗基準適合車である必要があります。

 

前乗せと後ろ乗せ|子供を乗せられる体重身長制限は?

前乗せの体重身長制限

体重15kg以下、身長100cm以下

後ろ乗せの体重制限

体重22kg以下、身長115cm以下

 

前乗せと後ろ乗せのメリットやデメリット

1人の子供乗せる場合、年齢的に前に乗せた方がいいのか、後ろに乗せた方がいいのか迷う場合も多いはず。

それぞれのメリット、デメリットを見て見ましょう。

前乗せのメリット

・子供が見えるので安心感があり、急に泣いたり暴れたりした場合に抜け落ちにくい。

・一番前に来るので景色が見えて楽しい。

前乗せのデメリット

・雨や風の影響を子供に受けやすいのでこどもに。(天気が悪い場合はカバーなどが必要です)

・後ろに乗せる場合と比べてふらつき易くなる。

後ろ乗せのメリット

・運転者が見やすいので安全性が高い。

・子供が大きくなって体重が増えても安定して乗せられる。

・子供が雨や風の影響を受けづらくなる。

後ろ乗せのデメリット

・子供が見えないので小さい場合は不安になる。

・子供の体重が増えてきた場合、フロントが浮き上がる可能性。

 

まとめ

電動アシスト自転車の購入時にお子様の年齢が1歳などの場合は、前乗せのリアチャイルドシートが標準のものを選びがちですが、今後の成長につれてどうして良いのか迷うと思います。

メリットデメリットを理解した上で購入して見てください。

 

広告
広告

2017年最安値で購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です