電動アシスト自転車,維持費

おすすめ人気電動アシスト自転車の初心者購入ガイド

2016年モデル 子供乗せ電動アシスト自転車おすすめランキング

楽天のランキング市場、アマゾンの売れ筋ランキング、当サイトの口コミから判断しています。  
 
ハイディツー
hydee2-2016

他にはないスタイリッシュなデザインで男女問わず乗れる子供乗せ電動アシスト自転車

2016年モデルが発売!ブリヂストンで一番売れている子供乗せ電動アシスト自転車です。5周年を迎えた長年売れ続けている人気モデルです。
ギュットアニーズ
gyutto-annys

2016年は2種類登場! 格好良さにこだわった子供乗せ電動アシスト自転車です。

ママの一目惚れ率が高い2016年モデルは20と26インチの2種類あるので、背の高いママでもオシャレに乗りこなせます。
ギュットミニDX
gyuttominidx2016

安定性抜群!見た目も可愛い乗りやすさの口コミ評価も高い電動アシスト自転車です。

新ギュットプレミアムシートを搭載した20インチの低重心モデルです。小柄なママも乗りやすい見た目も可愛いモデルです。
 

安く購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana

電動アシスト自転車の維持費はどれくらい?


e-bicycle-money

 

電動アシスト自転車の維持費にはどれくらいお金がかかるのでしょうか?

 

電動アシスト自転車は、他の自転車に比べると高額なものです。

初期投資がかかるのは当然ですが、維持費はどうなのでしょうか。

 

そこで、一番お金がかかる部分やメンテナンスなど電動アシスト自転車の維持費について調べてみました。

スポンサードリンク

 

重要なのはバッテリー

電動アシスト自転車の維持費の中で、もっとも大きな割合を占めるのはバッテリー交換です。

バッテリーの寿命は充電回数によって左右されます。

 

現在、発売されている国内メーカーのモデルでは、概ね700900回の充電で容量が半減するとされています。

 

そのため、毎日通勤・通学などで長距離を走る必要がある場合は、

あらかじめ大容量のバッテリーの自転車を選択し、充電回数を減らす必要があります。

 

例えば、現在の主流である8.7Ahの容量の場合、毎日10km程度の使用であれば34日に1回の充電頻度となります。

1年に120回程度の充電と仮定すると、56年で700回の充電回数となります。

 

バッテリーには経年劣化もあるため、およそ45年でバッテリー交換が必要と考えておけば良いでしょう。

バッテリーの価格はメーカーにもよりますが、34万円程度です。

 

なお、バッテリーの寿命を少しでも長くするためには、なるべく使い切ってから充電をするのが効果的です。

 

 

 

メンテナンス費用も必要

電動アシスト自転車に限ったことではありませんが、自転車には定期的なメンテナンスが必要となります。

 

基本的に購入後の初回点検は、購入店であれば無料で受けられることが多いです。

しかし、その後1年ごとに点検を受ける場合は、基本的に有料となります。この費用は平均して数百円程度のケースが多いです。

 

また、定期的に交換が必要な部品などもあるため、その費用もかかってきます。

 

 

 

 

まとめ

電動アシスト自転車を維持するのに必要な費用の中で、特別なものはバッテリーのみでその他はすべての自転車に共通するものになります。バッテリーを大切に使い、何か気になるところがあればすぐに点検を受けることで、維持費を安く抑え長く乗り続けることができるでしょう。

 

 

 

 

    スポンサードリンク

     

    タグ : 

    メンテナンス

    この記事に関連する記事一覧

    ■電動アシスト自転車を安く購入!

    電動アシスト自転車を購入するなら楽天カードがおすすめです。
    入会するだけで1000円、一度の使用だけで5000円分のポイントが貰えます。
     
    年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」