傷害保険だけではNG!電動アシスト自転車の保険の選び方

広告

電動アシスト自転車は免許もなく気軽に乗ることができますが、時速20km程度は楽に出せる”軽車両”という扱いです。

そのスピードで衝突して電動アシスト自転車で事故を起こすと当然相手や自分がケガを負うことになり、場合によってはかなりの重症になることもあります。

その場合、多額の賠償金を支払わなければならないケースに発展することもあります。このような事故に備えて電動アシスト自転車加入する自転車保険の選び方を紹介します。

 

 

傷害保険だけではダメな理由

電動アシスト自転車を購入すると、主要なメーカーでは無料の傷害保険が付帯されています。

傷害保険は自転車に乗っている自分と子供など同乗している家族に対し、ケガをしたときに保険金が支払われるものです。

しかし補償期間は1年間のみです。

それ以降の補償については保険でカバーする必要があります。

とはいえ、自分自身や家族の場合は加入している医療保険でカバーできる場合も多いため、より重要なのは相手のケガや物損に対する補償ができる保険です。

「電動アシスト自転車」の為の保険というのは存在してませんので、自転車用の保険に入る事になります。

 

電動アシスト自転車で保険に入る理由

相手がケガをしたり、傷害が残ってしまった場合に備えるのが自転車保険の最大の目的です。

個人賠償責任補償の金額や、運転者が誰の場合をカバーするかなどによって保険料が変わってきますので、自分の家庭にあった保険を選びましょう。

事故相手との交渉を代行してくれる示談交渉サービスはついているものが多いのでそれらを選ぶのが良いです。

電動アシスト自転車でも普通の自転車と保険料や補償内容は変わりません。

 

保険に入る前に最初にすること

まずは自動車保険や火災保険などに加入している場合、自転車保険単体での契約を検討する前に、それらの補償内容を確認しておきましょう。

プランによっては、自転車での事故を含む損害賠償保険などがオプションとして付帯されている場合があります。

現在契約中の保険でカバーできる対象者と内容を確認してから、単体の保険が必要かどうかを判断しましょう。

 

 

まとめ

自転車保険は、1億円程度は保障がついているところにしましょう。

おすすめの保険は別記事にて紹介していますので、参考にみてみてください。

自転車保険入ってる?電動アシスト自転車を購入したら入るべきおすすめ保険6選

事故は起こさないように注意することが一番ですが、どうしても防ぎきれない事故というものもあります。

万が一に備え、なるべく安い保険料で必要な補償内容がカバーできる保険を探し、契約しておきましょう。

 

広告
広告

2017年最安値で購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana