盗まれやすい?電動アシスト自転車の盗難防止や盗難保証について

広告

電動アシスト自転車は高額なので転売目的などでバッテリーだけ盗まれたりといった事件が多いようです。

購入時に盗難保険に入っている場合がほとんどですが個人で盗難防止対策をするだけでも十分効果はあります。

この記事では、電動アシスト自転車の盗難防止や盗難保証についてご紹介します。

 

電動アシスト自転車は盗まれやすい?

電動アシスト自転車は実は盗難されにくい、というのをご存知でしょうか?

通常、自転車を盗む側の気持ちは「ちょっとそこまで」という軽い気持ちで持っていくことが多いようです。

そして鍵が頑丈に作られており、電池がなくなると使えない電動アシスト自転車は盗まれにくいと言われてます。

 

電動アシスト自転車の盗難防止する方法

とはいえ、転売目的での盗難の可能性もありますし、せっかく購入した高価な自転車が盗まれるのは嫌なもの。

ここでは、電動アシスト自転車の盗難防止する方法や盗難保証について紹介します。

”地球ロック”をする


駐輪場@渋谷 / cinz

電動アシスト自転車には、通常後輪にサークルロックと呼ばれる錠がついています。

ただもし自転車ごと大きなトラック等で盗まれるような事になれば、自転車単体でのロックは役に立ちません。

少々大掛かりになりますが、地球ロックをすることで盗まれることはほぼ無くなります。

地球ロックとは、取り外しや破壊が容易にはできない柱などと自転車をワイヤー錠やチェーンでつないでおく施錠の方法です。

もちろん駐輪が許可されている場所にあるものに限られますが、駐輪場の柱や柵などにつないでおけば、簡単には外せないため盗難防止にはかなり効果的です。

 

厳重な盗難防止用の鍵に変更する

自転車用の鍵は簡単なものから厳重にロックできるものまで様々な鍵を販売しています。

例えばこのARCH GLOBAL

 

長すぎないため、地球ロックをした場合に切ることが困難になるように設計されている自転車屋さんオススメのワイヤーキーです。

鍵を選ぶ際には、ワイヤー錠やチェーンは簡単に切断できない物を選びましょう。

ナンバーロックにする場合は、少なくとも5桁以上の製品を使うのがお勧めです。

 

バッテリーを外しておく

これは盗難防止としては一番効果的ですが、現実的には厳しいです。

バッテリーがなければ、電動アシスト自転車はただの重い自転車。転売目的としても、バッテリーを別途手に入れる必要があります。

3万円ぐらいで売られているバッテリーだけを盗んでいる人もいますので、一番いいのは面倒なのですがこの方法です。

ただ外出先でバッテリーを持ち歩くのはかなり負担です。

自宅の駐輪場に止めておく時や勤務先などでバッテリーの置き場所がある場合は、外しておくと良いでしょう。

 

電動アシスト自転車には盗難補償がある

盗難防止は対策をいくつもしておくのが当然ですが、『どこまでやったら完璧』という答えがあるものではありません。

盗難防止対策をとっていても盗難にあってしまうこともあります。

しかし国内主要メーカーが販売している電動アシスト自転車は、購入後3年以内の盗難補償がついています。

その補償期間内であれば盗難にあったとしても30%程度の負担で、そのメーカーの同等品を購入することができるのです。

パナソニック・ブリヂストン・ヤマハの電動アシスト自転車盗難補償まとめ

 

施錠がきちんとされていなかった場合はこの補償は対象外になります。

購入時についていた鍵を全て渡すことで補償が受けられますので、鍵を失くさないよう注意が必要です。

また防犯登録されていることが条件の場合も多いので、購入時に必ず防犯登録をしておきましょう。

 

 

まとめ

電動アシスト自転車は高額なので盗まれないかが気になる方もいると思います。

日頃から盗難防止用の対策を少しでもしておくことが大切です。

楽天などで購入する場合には、必ず盗難保険に入れるショップでの購入をおすすめします。

 

広告
広告

2017年最安値で購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana

1 個のコメント