子供乗せ電動アシスト自転車のサイズは26と20どっちがいいの?メリットやデメリットは?

広告

子供乗せ電動アシスト自転車の主要タイプは主に26インチと20インチです。

どちらが良いのか迷うのではないでしょうか?

この記事では26インチと20インチのメリットやデメリットなどをご紹介します。

 

20インチの子供乗せ電動アシスト自転車のメリット

26インチと20インチの違いはタイヤサイズの大きさを変えるという事ですので単純に自転車のサイズは低くなります。

なので単純に背が低いままは20インチで背が高いママは26インチを選ぶというのが基本的な選び方です。

両輪サイズが小さければ低重心になりお子様を同乗させても安定した走行になるため、20インチの方が基本的には安全性が高いとされています。

そして低重心になりますのでふらつき防止など安全性は増します。

 

20インチだから安全なわけではない

一方、20インチでも結果として不安定な走行になる可能性も考えられます。

電動アシスト自転車に装備されているサドルやハンドル、ペダルの正しい位置次第ではお子様を同乗させて走行しても不安定になります。

腕力や脚力など体力や筋力に自信がない方は前方にお子様を乗せて走行する事は後ろのリアに乗せるより安全性は落ちてしまいます。

低速度走行をする場合は26型と20型では安全性という意味では大きな変化はありません。

それよりも利点として考えられるのは、乗りはじめのスムーズさや、ふらつきが減る事です。

身長が低いママにとってはアクシデントが起こったとき、すぐに両脚がつかなくてはいけませんので、26型で大きいと感じる方はすぐにでも20型に乗り換えをおすすめします。

 

26インチの子供乗せ電動アシスト自転車のメリット

電動アシスト自転車26インチと20インチで走る場合に大きな違いとしては、「走行性」が違います。

タイヤサイズが小さければ路面上の障害物の衝撃を拾い易くなるし、少しの段差や路面状況によりハンドルが取られやすくなるのは20型です。

その為に20型サイズの車輪は走行性に不安が残りますので、26インチの方が走行中の安定性は増します。

長距離走行を走る時は26型のタイヤサイズが大きい方が少ない力で進む事が出来ます。

最初の漕ぎ出しが軽いのは26型になりますが、子供乗せ電動アシスト自転車の場合は漕ぎ出しも重要ですがふらつかない事も重要です。

ふらつきが少ないのは前述した通り20型に軍配は上がります。

 

重量もチェック

26型より小型の20型は、当然ですが車体を起こす際や持ち上げる際も楽に持ち上げる事が出来ます。

結果的に、26型はカラダが大きい方や男性用が選びがちということです。

実際に販売店に行って、起こしてみて重量をチェックする事をおすすめします。

 

まとめ

電動アシスト自転車の子供乗せタイプは20型が主流です。

子供の安全を第一に考えて、長距離走るのかなどご自身の利用環境も考えて乗り換えも考慮してみてください。

 

 

広告
広告

2017年最安値で購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana