ステップクルーズe,ナチュラL,比較,最安値

おすすめ人気電動アシスト自転車の初心者購入ガイド

2017年モデル 子供乗せ電動アシスト自転車おすすめランキング

楽天のランキング市場、アマゾンの売れ筋ランキング、当サイトの口コミから判断しています。  
 
ハイディツー

2017年モデルはバッテリーが12.3AHに大幅バージョンアップ!カスタムも豊富です

2017年モデルはバッテリー容量が大幅にアップされ、走行距離も増えました。毎年売れ続けているブリヂストンの超人気モデルです。
PAS Babby un

2016年最も売れたPAS Babbyが2017年モデルは「un」になって登場!

2017年モデルは軽量化されました。ゴツくて可愛い今風のデザインが人気の子供乗せで、リヤチャイルドシート標準搭載モデルが人気です。
ギュットアニーズDX

お洒落な子供乗せのギュットアニーズ2017年モデルは、DXとEXの2種類が登場!

新チャイルドシート、新バスケット・新スタンド採用の2017年モデルは20型が人気!バッテリーは16.0Ahに大幅に容量アップ。
 

安く購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana

ステップクルーズeとpasナチュラLを比較!性能、価格面


ブリヂストンのステップクルーズeとヤマハのpasナチュラL、どちらが一般家庭でおすすめなのでしょうか。

この2モデルや価格帯や性能から購入時に迷う方が多いですので、どちらがいいのか、2モデルの性能面等を比較してみましょう。

 

スポンサードリンク

 

ステップクルーズeの特徴


ステップクルーズeはスポーティーでカジュアルな電動アシスト自転車です。
見た目がオシャレなので人気があるスポーツモデルのステップクルーズeは多目的にご利用する事が出来ます。

 

車体カラーは2015年モデルも発売され、全4色。
1度のフル充電でオートエコモード時には最長41キロ走行可能ですので長距離にも対応出来るタイプです。

 

バッテリー充電時間は専用急速充電器を利用して2時間30分、アシストレベルは4を実現。

バッテリー容量は8.7Ah。小柄な身長約143センチの方から乗る事が出来ます。

 

電動アシスト自転車のスペックは車両にトリプルセンサーが装備され、S.P.E.C3段変速シフトが搭載。軽量で丈夫なアルミフレームと軽々と駐車する事が出来る「かるっこスタンドⅡ」も装備されています。

 

車体にはオートライト機能付き3ファンクションメーターが取り付けられ、フロント部分には新開発の小型ランプが採用されています。

 

砲弾型LEDが3つ使用されランプの明かりが全体的を照らしてくれるので周囲からの視認性も高まり暗闇での安全性も上がっています。

 

 

ステップクルーズeの詳細

 

 

 

 

 

PasナチュラLの特徴

 

PasナチュラLはシンプルなデザインとベーシック機能が備わった標準モデルです。

 

車体カラーは全7種類用意されアシストレベルはステップクルーズeと同じ4を実現。

バッテリー容量は8.7Ah。

 

バッテリーにはリチウムイオンが採用され1度のフル充電で最長54キロ走行可能です。

 

ヤマハの2015モデルの特徴である小型化と軽量化された電動アシスト新ドライブユニットとバッテリーは安定的な走行を可能にしてくれます。

 

車体にはトリプルセンサーシステムが装備され、走行状況に合わせて快適な走りをアシストします。操作しやすいデジタルメーター付きメインスイッチは残りの走行可能距離やバッテリー残量、スピードが表示されます。

 

ライトはオートライト機能が採用。

車体の特徴は大容量丸型バスケットやかるっこスタンド、LEDバッテリーランプ、耐摩耗性が高いタイヤが装備されています。

 

 

PAS ナチュラLの詳細

 

 

 

 

 

どちらの電動アシストがおすすめ?

電動アシスト自転車を購入する際に色々判断基準はあると思います。

デザイン面や、用途、性能、価格など人によって変わってきます。

 

現在の電動アシスト自転車のトレンドは軽量化と小型化です。

 

「電動アシスト自転車は重い」というイメージから脱却しようと各メーカーがこのテーマで作られています。

 

今回は性能面や価格から比較してみましょう。

 

車体面

車体サイズや重量面をみてみると、ステップクルーズeは27.0kg、PasナチュラLは軽量化に成功して2014年モデルより軽い25.3kgですのでPasナチュラLの方に分があります。

 

ヤマハはドライブユニットの軽量化に成功しているメーカーです。

適応身長はほぼ同じ。(ステップクルーズeは143cm~、PasナチュラLは26型の場合144cm〜)

 

使用者側から見ると子供を乗せて利用したい場合、どちらのモデルも後ろ座席にお子様1人のみ同乗させる事が可能です。

デザインやスペックなどは購入者のご希望に合わせて選ぶ事が出来ます。

 

走行距離・バッテリー

バッテリー容量は2モデルとも8.7AHですが、走行距離が違います。

ステップクルーズeは最長41kmであるのに対して、PasナチュラLは54kmとなっています。

 

この事からもPasナチュラLはかなりパフォーマンスのいい電動アシスト自転車といえるでしょう。

 

価格面

価格帯で比較した場合、どちらも似たようなお値段(9万円〜11万付近)の値段で販売されていますが、

若干PasナチュラLの方が安く買えるようです。

 

ステップクルーズe

 

posted with カエレバ

 

 

pas ナチュラL

 

 

posted with カエレバ

 

 

    スポンサードリンク

     

    タグ :   

    おすすめ電動自転車 購入編 ブリヂストン購入編 購入編 ヤマハ購入編

    この記事に関連する記事一覧

    ■電動アシスト自転車を安く購入!

    電動アシスト自転車を購入するなら楽天カードがおすすめです。
    入会するだけで1000円、一度の使用だけで5000円分のポイントが貰えます。
     
    年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」