乗ってるのに知らない?電動アシスト自転車の雨の日対策

広告

電動アシスト自転車って、雨の日に乗ってもいいの?電気なのに大丈夫?

そんな疑問も持つ方も多いでしょう。

ここでは、電動アシスト自転車の雨の日の対策を紹介します。

基本的には普通の自転車と同じ扱いでOK

電動だからと言って、雨の日に特別意識することはありません。

基本的には普通の自転車と同じ扱いで大丈夫です。もちろん、感電などの心配もありません。

バッテリーやモーターなど濡れてはいけない部分は、基本的には防水加工がされています。その他のセンサーやスイッチ部分などはメーカーにもよりますが、多少濡れる程度は問題ありません。

そのため、多少の雨であればあまり気にすることなく乗ることができます。

とはいえ、どしゃぶりの雨の中を走るのはスリップによる転倒の危険や、ブレーキの利きが悪くなるなどの安全性の問題が出てくるのでなるべくなら避けましょう。

その点も電動自転車に限らず、普通の自転車と同様の扱いです。

 

駐輪の際の注意点

駐輪の際も特に意識することはありません。

充電の際はバッテリーを外すことになりますが、端子がむき出しになっていても問題ないというアナウンスがメーカー各社からされています。

注意するのは完全にバッテリーが水没してしまうような場合です。

このような事があったら、販売店などで確認してもらってから使用した方がよいようです。また水をかけながら洗車するなどは避けた方が良いため、水拭きなどで済ませましょう。

もし屋外で雨ざらしになることが気になるようでしたら、自転車ごとカバーで覆ってしまうのがおすすめです。

カバーで覆うことで雨も防げますし、盗難防止にもなるので一石二鳥です。

 

 

電動アシスト自転車の防水おすすめアイテム

自転車カバー

一番安心なのは、自転車全体を覆うカバーなどで対処する事です。

ブリヂストン

 

ヤマハ

 

パナソニック

 

 

スイッチカバー

電動アシスト自転車の液晶部分も雨には弱いのでスイッチカバーも発売されています。

ヤマハ・ブリヂストン

 

パナソニック

 

 

端子カバー

電動アシスト自転車は、バッテリーを外すと端子がむき出しになります。

それを防ぐ端子カバーなどが売っています。

パナソニック

 

dryve

スイス生まれの雨よけシールド「dryve」

1.5kgとめちゃくちゃ軽くて30秒で装着出来る新しいタイプの雨よけアイテムです。

http://www.dryve.tokyo/

 

 

まとめ

電動だからと言って、雨の日に過剰になる必要はありません。

しかし、長く乗り続けるために必要最低限の対策はしておきましょう。

 

広告
広告

2017年最安値で購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana