ビッケツーeリヤチャイルドシート付モデルを選ぶポイント

広告

ブリヂストンのビッケツーe2015モデルは大人気の当サイトでもおすすめの子供乗せ電動アシスト自転車です。

 

購入を考えている方には購入した方の感想や口コミが一番参考になると思います。

 

ビッケ2eを購入した方がこのモデルを選んだ理由や購入時に重視したポイント、実際運転してみての感想です。

 

 

 

子供乗せ電動アシスト自転車購入のきっかけ

私が子供乗せ電動アシスト自転車を購入したきっかけは、引越しをしたことでした。

引越しに伴い、3歳の子供の保育園が徒歩5分から徒歩15分へと遠くなってしまったのです。

 

自分一人であれば全く問題のない距離ですが、毎日3歳児を連れて歩く事が辛くなり、自転車購入を検討し始めました。

 

電動アシストか?非アシストかをまずは検討しました。

 

周辺は平坦な土地のため、当初は非アシストの子供乗せ専用自転車を購入する予定でした。

 

しかし情報収集をするうち、子供乗せ専用車は安全性を考えて頑丈に作られているため、

普通の自転車と比較すると倍近い重量であることが分かりました。

 

その重量にさらに子供を乗せてスムーズに運転できるのか?

今後子供がもう一人増えたら前後に二人乗せて自分の力だけで進めるか?

 

その点を考えた結果、電動アシスト自転車を購入する事に決定しました。

 

購入時に重視したポイント

子供乗せ電動アシスト自転車はパナソニック、ヤマハ、ブリジストンなど各社からいろいろな種類が発売されています。

 

私の場合、まず子供がすでに3歳だったことから、前乗せ専用車を候補から外しました。

そして安定性や子供の乗せ降ろしの際の負担を考え、20インチの小径車を選びました。

 

 

[check_box3 color=”red”]駐輪場選びは重要です[/check_box3]

 

小径車の場合、メーカーによっては前輪につけられた車速センサーが、ラック式駐輪場と接触して破損する可能性があると知り、駐輪場はラック式ではなく平面の場所を確保しました。

 

ラック式しか借りられなかった場合は別の車種を選択していたかもしれません。

 

ちなみに毎日の走行距離があまり長くないことや近所に勾配があまりなく平坦なことから、

バッテリーの消耗は少ないと考え、バッテリー容量はあまり重視していません。

 

最近の子供乗せ電動アシスト付自転車はデザイン的にも優れたものが多いです。

最終的には子育てが終わっても長く乗ることができそう、という好みの部分も大きく作用してブリジストンのビッケ2eを購入しました。

 

ビッケツーeを実際に運転してみて

 

bikke2e-2015model

 

子供を乗せて最初に運転したときの感想は「軽い!」でした。

後ろに13キロの子供を乗せている重さはまるで感じなかったんですね。

 

漕ぎだし時から安定しており、そのまますぐにスピードを出すことができます。
自転車を漕ぐことに負担を感じないため子供を連れても7km程度なら遠出もできるようになりました。

こんなに楽なのであれば、もっと早く購入すればよかったとも思えるほど本当に満足しています。

 

個人的にビッケ2e2015モデルはかなりおすすめの子供乗せ電動アシスト自転車です。

 

 

 

ビッケツーe 最安値情報

ビッケツーeはメーカー価格は121,800円(リヤバスケット付モデル)、リヤチャイルドシート付モデルが126,800円(税抜)です。

 

また、前後チャイルドシート付モデルも発売されています。

後子乗せクッションプレゼントが付いて送料無料ハヤサカサイクル楽天市場店がおすすめです。

 

 

ハヤサカサイクル楽天市場店で前後チャイルドシート付bikke2e 2016年を見てみる

 

 

通常のリヤバスケット付モデルはこちらが売れています。

チャイルドシートクッション付ビッケ2e 2016年

 

 

 

 

 

 

 

 

広告
広告

2017年最安値で購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana

1 個のコメント