広告

女性向け『ビビDX』2015モデルと2014との違いを比較!

更新日:

パナソニックの女性をターゲットにした国内販売台数NO.1の電動アシスト自転車『ビビDX』2015モデルが発売決定しました。

発売日は2015年1月上旬との事で、発売日はまだ決まっていません。

 

『ビビDX』は国内販売台数NO.1のモデルです。

 

リーズナブルながら基本的なコストパフォーマンスが高いので老若男女問わず売れている電動アシスト自転車なので2015年モデルも注目されています。

 

そこで、2014年のモデルとどこが変わったのか?

 

購入を考えている方に、『ビビDX』2015モデルの2014からの変更点、気になる性能機能、価格など比較しました。

 

 

 

 

 

ビビDX2015年モデルの特徴

 

bibidx

引用元:パナソニック公式

 

2015年モデルのビビDXの一番大きな特徴は、新開発の「マルチセンサーモーター」と「タフパワーアシスト制御」を搭載していることでしょう。

 

 

1.マルチセンサーモーター

sensar

引用元:パナソニック公式

「マルチセンサーモーター」は自転車の走行状態をより感知することが可能になったことで、電動アシスト自転車の乗り心地が大きく変わりました。

実際に2014モデルと2015モデルを乗ってみると明らかに乗り心地が違うようです。

 

2.タフパワーアシスト制御

 

jn141119-1-3

タフパワーアシスト制御とは、マルチセンサーモーターで検知した情報を受け取ってアシスト制御をしてくれる。

特にオートマチックモード時で性能がアップしたので、走行距離が2014年モデルより約8%アップ伸びています。

 

 

3.おしゃれに乗りたい女性におすすめの「ホワイトパーツデザイン」採用

 

whiteparts

引用元:パナソニック公式

約60%が女性で占めている電動アシスト自転車。

女性のニーズに応えて新しくホワイトパーツを取り入れたカラーが採用されています。

 

ホワイトのバッテリーとチェーンケースは、ぱっと見ても女性的なカラーリングが取り入れられ人気が出そうです。

 

 

 

 

 

2014モデルから引き継いだ点

 

トリプルセンサーシステムや、オートライト機能は引き続き採用されています。

 

8.7Ahバッテリーの充電にかかる時間は約2.5時間という高速充電してくれる充電器もあります。

2014以前は4.5時間かかっていたのでこれも素晴らしい。

 

オートライト機能は夜間走行時に自動点灯してくれるライトは2014から採用されましたが、引き続き採用られています。

 

gaiyou
出典:ブリヂストン公式サイト

 

 

 

サイズ・重量・タイヤを比較

20142015
タイヤ24・2624・26
総重量(kg)26.6(24インチ)
27.4(26インチ)
26.9(24インチ)
27.7(26インチ)
全長(mm)1,760(24インチ)
1,860(26インチ)
1,760(24インチ)
1,860(26インチ)
全幅(mm)全幅(mm)全幅(mm)

 

モデルは24インチと26インチの2種類。

重量は2014年モデルより若干重くなりました。

 

 

バッテリーを比較

20142015
電圧/容量(Ah)8.78.7
充電時間(時間)2.52.5
強モード
標準モード
オートエコモード
30km
36km
51km
31km
39km
51km

 

新搭載の「マルチセンサーモーター」と「タフパワーアシスト制御」によって、2014年モデルと同じバッテリー容量ですが、走行距離どのモードでも増えています。

 

 

 

カラーバリエーション

 

[check_box3 color="red"]2015モデルのカラーバリエーションは全7色[/check_box3]

 

カラーバリエーションは2014年モデルから3色入れ替え。


 

 

2015年カラー

 

ピュアブラック
オフホワイト
フレッシュグリーン
グラマラスパープル
レッドジンジャー
プラズマシルバー
チョコブラウン

2014年カラー

 

ピュアブラック

グロッシーピンク

グラマラスパープル

ベリーレッド

プラズマシルバー

チョコブラウン

スパークブルー

 

 

 

「ピュアブラック」「プラズマシルバー」「グラマラスパープル」「チョコブラウン」は2014年から引き続き採用されています。

 

2014年の新色カラーは「フレッシュグリーン」「オフホワイト」「レッドジンジャー」です。

 

 

2014モデルとの価格比較

 

今回の2015モデルは、乗り心地、安定感など電動アシスト自転車としての性能がかなりアップしてますので、価格は3,000円値上げされました。

ビビDX 2014モデルビビDX 2015モデル
メーカー価格103,000円106,000円

 

 

 

まとめ

2014年モデルより電動アシスト自転車としての性能がよくなった今回のビビDX。

デザインがシンプルで女性的なカラーリングはあまり他には無い特色です。

 

子供乗せとしても活用出来て、8.7ahのバッテリー容量は買い物や街乗りにもちょうどいい非常にバランスの優れた電動自転車。
フル充電で最長ロングモードで走行約51km走行できるので通勤通学に使う方以外には十分すぎる容量です。

 

バッテリー容量の魅力も含め、ビビDXはコストパフォーマンスを評価されて売り上げ台数日本一の電動アシスト自転車です。

色々なシーンで電動アシスト自転車を使いたい人にはおすすめです。

 

 

 

ビビ・DX 2015年モデルの詳細

 

 

 

posted with カエレバ

 

 

広告
広告

あなたにオススメの記事一覧

-おすすめ電動自転車, パナソニック購入編
-, , , , ,

Copyright© おすすめ人気電動アシスト自転車の初心者購入ガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.