徹底比較!「PAS VIENTA5」2015と2014の違い

広告

PAS VIENTA5を徹底比較!

 

ヤマハのパスのカジュアルに乗れるスポーツタイプの電動アシスト自転車「PAS VIENTA5」2015モデルを発表されました。

 

2014年にフルモデルチェンジした「PAS VIENTA5」ですが通勤通学、買い物など普段街乗りに使えるスペックを持っているので気軽に乗れるスポーツタイプを探している方にはピッタリの電動アシスト自転車です。

 

性能や機能そして価格など、「PAS VIENTA5」2014年のモデルと2015年モデルの違いをまとめて比較してみましたので購入を考えている方は参考にどうぞ。

 

PAS VIENTA5 2015年モデル

PAS VIENTA5-1

引用元:ヤマハ公式

 

2014年モデルで大幅にフルモデルチェンジしたPAS VIENTA5。

2015年モデルでは大幅な変更点はなく、2014の良さはそのままに若干ヴァージョンアップした感じです。

 

構造面や性能面はほぼ変わりません。

 

 

 

2014年モデルからの変更点

バスケット、リヤキャリヤ付きで21.5kgの軽量設計

 

2015年からヤマハは軽量化宣言をして、新型ドライブユニットを搭載。今回「PAS VIENTA5」にも搭載されています。

そのため、2014年モデルが「21.5kg」であるのに対し、2015年モデルは「20.6kg」と軽量になっています。

pasvientas

引用元:ヤマハ公式

 

またドライブユニットにより、1充電あたりの走行距離もアップしています。

 

pasvienta5-1

引用元:ヤマハ公式

 

 

 

フレームデザイン

pasvienta5-2

引用元:ヤマハ公式

トップチューブのフレームを下げている事で、最低サドル高が40mm低くなりました。

跨ぐ時にも若干楽になる利便性がアップしました。

 

スカート等はく女性にとってもうれしい変更点です。

 

 

カラーリング

PAS VIENTA5は全4色です。

2015年の新色は女性が好みそうなさわやかな「エスニックブルー」が加わりました。

 

2014モデルのマットブラック、ソニックオレンジ、クリスタルホワイトは継続して採用されました。(クローバーグリーンは終了)

PAS VIENTA5-01

引用元:ヤマハ公式

 

PAS VIENTA5-02

引用元:ヤマハ公式

 

PAS VIENTA5-03

引用元:ヤマハ公式

 

PAS VIENTA5-04

引用元:ヤマハ公式

 

 

 

 

 

まとめ

PAS VIENTA5は同発表のPAS Brace XLと比べ乗る人を選ばない街乗りのスポーツタイプの電動アシスト自転車です。

適正身長が149cm以上なので小柄な女性でも乗れるサイズになります。

 

スポーツタイプに見えないオシャレなデザインを求めている方にとってはおすすめのモデルです。

 

2015年モデルのPAS VIENTA5はメーカー価格は、129,060円(本体119,500円+消費税9,560円)

 

 

PAS VIENTA5の詳細

 

 

 

また関連記事もあわせてどうぞ。

 

[normal_box color=”black” border=”b1″ ]

どっち買う?2015PAS VIENTA5とBrace XL比較
徹底比較!「PAS Brace XL」2015と2014の違い

[/normal_box]

 

 

 

広告
広告

2017年最安値で購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です