2015,ナチュラ L デラックス,ナチュラ L,ナチュラ S

おすすめ人気電動アシスト自転車の初心者購入ガイド

2016年モデル 子供乗せ電動アシスト自転車おすすめランキング

楽天のランキング市場、アマゾンの売れ筋ランキング、当サイトの口コミから判断しています。  
 
ハイディツー
hydee2-2016

他にはないスタイリッシュなデザインで男女問わず乗れる子供乗せ電動アシスト自転車

2016年モデルが発売!ブリヂストンで一番売れている子供乗せ電動アシスト自転車です。5周年を迎えた長年売れ続けている人気モデルです。
ギュットアニーズ
gyutto-annys

2016年は2種類登場! 格好良さにこだわった子供乗せ電動アシスト自転車です。

ママの一目惚れ率が高い2016年モデルは20と26インチの2種類あるので、背の高いママでもオシャレに乗りこなせます。
ギュットミニDX
gyuttominidx2016

安定性抜群!見た目も可愛い乗りやすさの口コミ評価も高い電動アシスト自転車です。

新ギュットプレミアムシートを搭載した20インチの低重心モデルです。小柄なママも乗りやすい見た目も可愛いモデルです。
 

安く購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana

ヤマハ「ナチュラ」シリーズ2015モデル発表|3モデル比較!


nachura_sam

ヤマハがPAS子供乗せファミリータイプに続いて、PAS(パス)ナチュラシリーズ「PAS ナチュラ L デラックス」「PAS ナチュラ L」「PAS ナチュラ S」の2015モデルを発表されましたね。

 

さてこの2015モデルのナチュラシリーズは何処が違うのか?価格や性能、3モデルを比較してみます。

 

スポンサードリンク

 

 

ナチュラシリーズ2015モデル

ヤマハが2015モデルの発表ラッシュですね。年末年始に掛けて子供乗せタイプの「PAS Kiss」シリーズに続いて、

スタンダードモデルの「ナチュラシリーズ」が発表されました。

 

「PAS Kiss」シリーズの記事はこちら
ヤマハがPAS子供乗せタイプ2015モデル発表。4車種比較!

 

 

2015モデルの特徴

 

nachuraseries

引用元:ヤマハ公式サイト

 

 

ヤマハからの発表されているナチュラシリーズ2015モデルの大きな特徴は4つです。

 

1.次世代ドライブユニットを新搭載。容積を約16%削減、重量を約20%軽量化されました。
2.アシスト走行モード「オートエコモード プラス」選択時のアシスト走行可能距離が、「PAS ナチュラ S」は約16%、「PAS ナチュラ L」「PAS ナチュラ L デラックス」は約20%伸長。
3.大容量フロントバスケット、LED2灯ソーラーテールランプなど便利な機能が充実。※1
4.カラーラインナップや細部パーツのカラーが変更されたビジュアル面の向上。※2

 

 

※1 バスケットの変更は「PAS ナチュラ L デラックス」「PAS ナチュラ S」のみ。

LED2灯ソーラーテールランプは「PAS ナチュラ L デラックス」「PAS ナチュラ L」のみ採用。

※2 各モデルのカラーラインナップは、26型と24型で違います。

 

引用:ヤマハプレリリースより

 

2014年モデルとの大きな違いは、次世代ドライブユニットが搭載された点と、走行距離がアップした走行面の向上。

2015年モデルは、オートライト機能も標準装備しています。

 

ヤマハは軽量化されたドライブユニットを今後全モデル搭載予定で「重い」というイメージのある電動アシスト自転車の軽量化に進んでいます。

OEM契約のブリヂストンとともに今後が注目。

 

 

 

サイズ・重量・タイヤ

ナチュラ Lデラックスナチュラ Lナチュラ S
形式24.2624.2624.26
総重量(kg)24型26.1
26型26.6
24型24.7
26型25.3
24型22.5
26型23.3
全長(mm)24型1,775
26型1,870
24型1,775
26型1,870
24型1,800
26型1,880
全幅(mm)560560560
適応身長(cm)24型143
26型146
24型140
26型144
24型141
26型144

タイヤサイズと適正身長が判断ポイントです。

 

重量は小型で軽量なドライブユニットが搭載され2014年モデルより軽量化に成功しています。

 

(例)PAS ナチュラL2014モデルとの比較

 

driveUnit1

 

 

 

バッテリーを比較

ナチュラ Lデラックスナチュラ Lナチュラ S
電圧/容量(V・Ah)25.2/8.725.2/8.725.2/5.0
充電時間(時間)2.52.51.5
強モード
標準モード
オートエコモード
32km
38km
54km
32km
38km
54km
17km
20km
29km

バッテリー容量や走行距離は「ナチュラS」のみ一回り低い数値ですが、

普通の街乗りなら十分です。個人的にはメーカー価格で10万円切るのは魅力的です。

 

2014年モデルと比べて、新型ドライブのおかげでオートエコモードの走行距離は伸びています。

 

「S.P.E.C.3」というヤマハ独自の機能が搭載。

より精密にギアとスピードセンサーによって2014年モデルでは体感出来ない無駄のないアシスト制御を可能にしています。

 

nichura_assist

引用元:ヤマハ公式サイト

 

 

バッテリーは後付けで交換も可能です。

feature_battery_02

 

カラーバリエーション

PAS ナチュラ L デラックス

カラー6色(新色3)

delux_color01

 

 

PAS ナチュラ L

カラー7色(新色2)

nachura_l_color

 

 

PAS ナチュラ S

カラー6色(新色3)

nachura_s_color01

 

 

「PAS ナチュラ L デラックス」は女性に人気が出そうなオシャレなカラーリングです。

「PAS ナチュラ L」「PAS ナチュラ S」は鮮やかで透明感のあるカラーリングになってます。

 

 

機能面を比較

2015年モデルは、全機種トリプルセンサーシステム搭載です。

 

pic_005

 

なめらかで快適なアシスト走行を実現するトリプルセンサーシステムがリーズナブルな「PAS ナチュラ S」についているのは嬉しいポイント。

ヤマハはこれから全機種につくのでしょう。

 

2014年モデルで好評の「急速充電器」を、2015年モデルも継続採用。短時間の充電で済むのはじっさい乗りこなしていると大きなポイントです。

 

3モデルすべてについています。

 

 

 

 

 

価格を比較

PAS ナチュラ L デラックス

メーカー希望小売価格115,560円(本体107,000円+消費税8,560円)

 

 

PAS ナチュラ L

メーカー希望小売価格113,400円(本体105,000円+消費税8,400円)

 

 

PAS ナチュラ S

メーカー希望小売価格(消費税8%含む)96,120円(本体89,000円+消費税7,120円)

 

 

 

 

 

まとめ

基本的にはパナソニック、ブリヂストン、ヤマハの日本メーカーの電動アシスト自転車はどれを購入してもしっかりとした基準をクリアしています。

3モデルの主な特徴の違いです。

 

PAS ナチュラ L デラックス

機能や、装備がかなり充実しています。ビジュアル面では一番良いと言われているモデルです。

上品なカラーとブラウンパーツの組み合わせは女性好みか?

 

PAS ナチュラ L

ナチュラシリーズの中ではいわゆる標準タイプ。長距離走行にも使えるのでどんな用途にも使えます。

 

PAS ナチュラ S

5.0Ahリチウムイオンバッテリー採用で街乗りモデル。コストパフォーマンスが高い。

 

 

「PAS ナチュラ L デラックス」「PAS ナチュラ L」にはLED2灯ソーラーテールランプがついていたり、「PAS ナチュラ S」と比べると装備の差があります。

 

アシストレベルはほぼ同じです。安く乗りたいという方は「PAS ナチュラ S」一択。現状一番最安値でナチュラSは81,700 円ほどなのでかなり安くなっています。

 

 

PAS ナチュラ L DX 2015年モデルの詳細

 

PAS ナチュラ L 2015年モデルの詳細

 

PAS ナチュラ S 2015年モデルの詳細

 

    スポンサードリンク

     

    タグ :   

    おすすめ電動自転車 購入編 ヤマハ購入編

    この記事に関連する記事一覧

    ■電動アシスト自転車を安く購入!

    電動アシスト自転車を購入するなら楽天カードがおすすめです。
    入会するだけで1000円、一度の使用だけで5000円分のポイントが貰えます。
     
    年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」