購入前に考える電動アシスト自転車のタイヤサイズの選び方

広告

電動アシスト自転車を購入する場合の最初に選択肢としてタイヤ含めた車体の大きさも重要です。

通常の自転車と同様に、電動アシスト自転車にも複数のタイヤの規格や特徴があります。

電動アシスト自転車のタイヤの基礎知識

タイヤを選ぶ場合にはご自身の身長や利用方法によってサイズを決めましょう。

電動アシスト自転車のタイヤの一般的なサイズは、20型、24型、26型、27型が一般的。

サイズが大きくなるほど1回の回転で進む距離が長くなります。そしてタイヤサイズが大きいと乗り心地は増しますので試乗して確かめてください。

乗りながらちゃんと両足が着くサイズを選ぶ事が重要です。

デメリットとしては、大きくなるぶん駐輪スペースが必要になったり小回りが利かない面が考えられます。

 

タイヤサイズ別の特徴は?

20型の特徴

漕ぎ出しが軽くてきびきび動けます。小径のタイヤなので小回りが利く利点があります。

身長の低い方や子供乗せ電動アシスト自転車などで安定感を重視したい方は一番良いのが小径サイズです。

24型の特徴

20型と適応身長は変わりませんが、26型よりは乗り降りが快適で実用性と安定感を重視したい型向けです。

20型だと小さすぎると感じた方は、こちらの方がいいでしょう。

26型の特徴

最もモデルも多く人気のある一般的なタイヤの大きさです。

色々なシーンで使いたい方はコチラの26型が人気です。一般的な身長がある男性や女性に一番好まれるサイズ感で標準サイズという感じです。

27型の特徴

あまり種類は多くありませんが、長距離を走る方や、乗り馴れていて走りやスピードを重視したい方向けです。

 

レール式駐輪場は要注意

タイヤを乗せる都市部のスーパーなどで使われる駐輪場はレール式です。一般住居にもレール式の駐輪場は多くなっています。

レール式の駐輪場に止める場合、タイヤが入らない可能性がありますので、ご購入前にレール幅の内寸を測って確認しましょう。

relu

引用元:http://www.nichipure.co.jp/

 

詳しく知りたい方は、別記事も参考にしてください。

タイヤやレール幅チェックしてる?電動アシスト自転車を駐輪場で使う前の注意点

2014.09.15

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自転車に乗る際にかかとがつかないと危険度も増します。毎日乗るものなので、自分の体型にあったサイズを選びましょう。

 

広告
広告

2017年最安値で購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です