ブックマーク推奨!子供乗せ電動アシスト自転車の選び方完全版

広告

子供乗せ電動アシスト自転車の選び方は様々ですが、どこを基準にして選ぶのかが大切です。

子供乗せ電動アシスト自転車の3つの選び方の基準をご紹介します。

 

子供乗せ電動アシスト自転車とは

幼児2人同乗基準適合車BAAマーク

「子供乗せ対応自転車」というのは「幼児2人同乗基準適合車BAAマーク」というシールが貼られている自転車です。

youjifutari

子供が2人なら法律的に電動アシスト自転車を選ぶ場合「幼児2人同乗基準適合車BAAマーク」が必要です。

子供が1人なら通常の電動アシスト自転車にチャイルドシートを付けて乗せるぶんには問題ありません。

2人子供を乗せると結構な重量になります。そこで安全面を考えてちゃんと適合車(強度や安定性を考慮されている)として認められた電動アシスト自転車に乗せましょうという事です。

子供2人乗せ自転車として発売されているものはほとんど3大メーカー(パナソニック、ブリヂストン、ヤマハ)が出しています。

これらのメーカーの電動アシスト自転車は、手元でハンドルロックが出来たり、安定面を考えられたスタンドなど様々な考慮がなされている自転車です。

 

子供乗せ電動アシスト自転車の選び方

前乗せタイプと後ろ乗せタイプで選ぶ

子供乗せ電動アシスト自転車を購入する場合に最初に決めるのが、家族構成にあったタイプを選ぶこと。

子供が何歳か、人数はなどを考えて購入します。

子供乗せ電動アシスト自転車は、前乗りタイプと後ろ乗りタイプが販売されています。

2人乗せる場合は、前は小さな子供、後ろは大きな子供が一般的です。

もちろん、子供が増えた場合に後からチャイルドシートをつけることも可能です。

こちらでは標準搭載されているチャイルドシートをベースにご紹介します。

 

子供の年齢も考慮する

基本として選ぶ基準は「1歳半か2歳ぐらいまでが前乗せ、2歳以降は後ろ乗せ」です。

メーカーによっては3歳ぐらいまででもフロント用のチャイルドシートが使用出来るとかいてあるカタログをみるのですが、安全面を考えるとやめた方がいいでしょう。

長く使えるのは後ろに乗せるリア用のチャイルドシートで大体6歳ぐらいまで利用できます。

小学校ぐらいになれば自分で自転車に乗りますので十分でしょう。

 

パナソニック

フロントチャイルドシート標準搭載タイプ
ギュット・ミニ・EX ギュット・ミニ・DX ギュット・DX
リアチャイルドシート標準搭載タイプ
 ギュット・アニーズ・EX  ギュット・アニーズ・DX  ギュット・アニーズ・F・DX

 

ヤマハ

リアチャイルドシート標準搭載タイプ フロントチャイルドシート標準搭載タイプ
PAS Baddy un PAS Kiss PAS Kiss mini un

 

ブリヂストン

フロントチャイルドシート標準搭載タイプ リアチャイルドシート標準搭載タイプ
ビッケ ポーラーe ハイディーツー ビッケ グリ dd ビッケ モブ e

 

後日にチャイルドシートをつける場合

購入する場合に一緒にチャイルドシートを買えば、搭載モデルと値段は大きく変わりません。

一緒に購入する場合販売店で取り付けてくれ、取り付け費用はかからないと思います。もちろん自分で取り付けも可能です。

説明書を見ながらなら大体の人が取り付け出来るレベルですので、チャイルドシートだけネット通販で後日購入でも大丈夫ですが、近くの自転車やさんでお願いした方が安心だと思います。

ネットだと好きなデザインを選べるので選択肢が広がります。

 

サイズで選ぶ

子供乗せ電動アシスト自転車は、様々なサイズが発売されています。

基本的には安定感がある20インチのモデルか26インチのモデルがほとんどです。一部27型というのも有ります。

背が低いママには20インチ、背が高いママには26インチというのが基本ですが、20インチの小径モデルは安定感がありますので安全面を考慮して20インチを選ぶ人も多いです。

一番人気は20型

一番人気は前後20インチの小径モデルです。

子供を自転車に乗せている場合考えてほしいのは安全面です。

ポイントとなるのは乗り出しの時や急にアクシデントに遭遇したときにすぐに両足が地面に着く事です。

子供の体重が増えてくるとふらついたり安定感がなくなり、子供を怪我させたりするとこが一番問題となります。

一度試乗される場合は、両足が着く事を確認しましょう。

小柄なお母さんなどは20型を選んだ方が良いです。子供が小さい場合はタイヤが小さいほど持ち上げる高さが低いと子供の乗せおろしが楽になります。

また、パパの乗る場合には26インチが好まれる傾向にあります。

 

タイヤサイズについては別記事もどうぞ。

購入前に考える電動アシスト自転車のタイヤサイズの選び方

 

パナソニック

20インチ
ギュット・ミニ・EX ギュット・ミニ・DX  ギュット・アニーズ・EX  ギュット・アニーズ・DX
26インチ 前22インチ・後26インチ
 ギュット・アニーズ・F・DX  ギュットDX

 

ヤマハ

20インチ 26インチ
PAS Baddy un PAS Kiss mini un PAS Kiss

 

ブリヂストン

20インチ 前24インチ・後20インチ 26インチ
ビッケ ポーラーe ビッケ モブ e ビッケ グリ dd ハイディーツー

 

 

バッテリー容量で選ぶ

バッテリー容量はどれくらい電動アシスト自転車を利用するのかによって変わってきます。

大容量モデルを購入すれば充電の手間は省けますが、価格は高くなります。

保育園の送り迎えに使って、そのまま自転車で仕事に行くという毎日利用したり、休日に長距離を走るなら大容量バッテリーを購入しておいたほうがいいでしょう。

パナソニック

16.0Ah
ギュット・ミニ・DX  ギュット・DX  ギュット・アニーズ・F・DX  ギュット・アニーズ・DX
20.0Ah
ギュット・アニーズ・EX ギュット・ミニ・EX

 

ヤマハ

12.3Ah
PAS Baddy un PAS Kiss mini un PAS Kiss

 

ブリヂストン

12.0Ah 12.3Ah 14.3Ah
ビッケ ポーラーe ビッケ モブ e ハイディーツー ビッケ グリ dd

 

 

まとめ

子供乗せ電動アシスト自転車は、高額な電動アシスト自転車なので悩んでしまいがちですが、子供の年齢や用途に合わせて選びましょう。

現在は、「ギュットアニーズシリーズ」や「ハイディーツー」などデザイン的にも優れた「子供乗せ電動アシスト自転車」も増えています。

アシストの力を試す意味でも是非一度試乗をオススメします。

 

別記事では子供乗せ電動アシストのオススメモデルを紹介していますので参考にして見てください。

ショップオーナーに聞いた!2017年おすすめの子供乗せ電動アシスト自転車ランキング

 

 

 

 

広告
広告

2017年最安値で購入できるおすすめショップ一覧

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの各モデルがお得に購入出来るショップ一覧です。

画像クリックで各メーカー一覧に飛びます

 

icon_bridgeston icon_yamaha icon_pana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です